お肌の乾燥は加湿とベースメイクの見直しが効く!

お肌の乾燥は加湿とベースメイクの見直しが効く!

会社の暖房は乾燥肌を悪化させる

冬場になると、オフィスの中のエアコンの温風と、外に出たときの冷たい風のダブル攻撃で、どんどん肌の乾燥がひどくなってしまいます。
乾燥は美容の大敵と分ってはいても、中々コレといって効果のあるアイテムに出会うこともなく、ついつい放置してしまってました。

 

すると昼休みをすぎたころから肌の乾燥を感じはじめ、化粧直しも刺激になりそうではばかられるようになってきていた私。

 

肌が乾燥すると気分も落ち着かず、ついつい肌を触ってしまったり、集中力もなくなってしまい仕事にも支障が・・・。
さらに退勤前に鏡をみると、乾燥のせいか小じわも深くなり、朝よりも見た目年齢が数才あがってしまっているような顔になっていて、ショックを受けるはめに。

 

メイクの上からでも水分補給ができるというアイテムを使ってみたこともあるのですが、なぜか逆に乾燥してしまう感じがして合いませんでした。
ワセリンを軽くたたきこんでおけば見た目と表面の乾燥はとりあえずおさえられますが、メイクの上から使うにはあまり心地いいものではありません。

 

会社での乾燥を撃退したお勧めアイテム

とにかく乾燥させない環境をつくるしかないと思い立ち、まず、PC周りでも水なしで使えるナノケアの美容家電を購入しました。正直なところ気休めくらいにしかならない覚悟をしていたのですが、これが意外に効果あり。

 

最新の美容家電の進化は目を見張るものがありますね。こんなことなら、もっと早く買っておけばよかったと少し後悔。
早速家にもスチーマーと加湿器を購入し、肌の水分を奪われないための環境作りを始めました。

 

やっぱり自分のお肌の周りの湿度が高ければ、冬でも肌の乾燥具合が全然違います。水分が蒸発しないで留まってくれている感じです。

 

ファンデーションの見直しも効果アリ

昼間の乾燥を防ぐために、素肌に直接つけられるタイプのファンデーションから、乾燥対策用の下地+ミネラルファンデにアイテムを分けてみました。やはり機能に特化したコスメの効き目は違います。

 

ファンデーションはどうしても色素が乾燥の原因になるので、ミネラルファンデも透明+通常のものとアイテムを分け、2重にベースをつくってから、最後に色をのせて仕上げるように。これも乾燥には非常に効果がありました。
ファンデーションの節約にもなって一石二鳥です。

 

メイクを落としたあとはすぐに化粧水で保湿をし、肌を休ませます。
スキンケアには特別なアイテムはプラスしていませんが、加湿の導入とメイクの工夫で、乾燥肌はかなり改善されました。

 

アトピーの気がある人は特に保湿を十分に!

会社の同僚でアトピー持ちの子は、秋口ぐらいから徹底した保湿ケアをしているそうです。
アトピーで乾燥肌が酷くなってしまうと耐え難い痒みに襲われるそうで、とにかく加湿器や保湿に気を使わないといけないそうです。実は私が購入したアイテムも、その同僚の子に教えてもらいました。

 

乾燥肌とアトピーは密接に関係しているらしく、冬場になると憂鬱に感じるとのこと。
ただの乾燥肌だと思っている人でも、放置して重症化するとアトピーの原因にもなるらしいので注意が必要です。

 

子供ばかりが発症するわけではなく、大人になって発症する成人アトピーもあります。
肌の乾燥を感じたら必ず保湿を後回しにせず、美肌をゲットする為にも毎日の乾燥ケアを忘れてはいけません。

ホーム RSS購読 サイトマップ